matsunotane
松丸弘美のブログ「matsunotane(松の種)」にようこそ。
アンダーケア雑学、更年期のこと、エンダモロジーについて、
などなど、気ままに綴っていきます。
2月6日は「国際女性性器切除(FGM)根絶の国際デー」
2022.02.09 | matsunotane

2月6日は「国際女性性器切除(FGM)根絶の国際デー」

50歳から通い始めるブラジリアンワックスサロン!アンダーヘア雑学の松丸弘美です。

わたしは少し前にこの記事を見つけました。とても悲しく今の日本では考えもしないことです。戦争で色々なことがあった時代もありますが、わざわざ生器を切除する習慣は日本にはないと思います。あったらかなりショックです。

世界では想像もできない習慣があることに本当に驚きます。

女性性器切除(Female Genital Mutilation、以下FGM)は、アフリカを中心に約2000年前から行われている慣習で、女性の外部生殖器の部分的または全体的な切除をするものです。現地では大人の女性になるための通過儀礼とされ、結婚の条件にもなっている地域もあります。

しかし医学的な根拠はまったくなく、施術を受けた女の子は一生健康被害に苦しむことになります。

わたしはお毛毛職人として、たくさんの女性を綺麗にしてきただけにただただ悲しいお話しです。

人間の欲がこんなことをさせてしまう。