matsunotane
松丸弘美のブログ「matsunotane(松の種)」にようこそ。
アンダーケア雑学、更年期のこと、エンダモロジーについて、
などなど、気ままに綴っていきます。
2020.07.22

第二次性徴期てきちんと知ってたら!

50歳からでもブラジリアンワックスVIO脱毛はできます。アンダーケア雑学の松丸弘美です。

私は第二次性徴を迎えるのが遅くて、中2で初潮を迎えたものの、一時ストップして、そこから20cmも身長が伸びてしまいました!
お毛が伸びる事よりも、身長が伸びる方が優先だったのかもしれません。

その頃にお毛も少し生え始めて、ある日、部活で夏合宿があると、皆んなとお風呂入ると思った時に思わず、父のシェイバーで全部剃ってしまいました!
なぜか、わたしだけ生えている!と思ってしまいました。
そして、夏合宿のお風呂時に大ショックです。皆んなが、わたしよりも、もしゃもしゃとお毛が生えていたことです。

私は逆に何もないことに急に恥ずかしくて、恥ずかしくて仕方ありませんでした。

あの時に、お毛が生えていて大丈夫と教えてもらえていてたら。

むしろ、大人の象徴何だと!

この成長が大切な時期なのに、
第二次性徴の女子は、初潮を迎え脇やアンダーヘアが生え始めて大人の女性になって行くことが喜ばしく。

でも、大人になったら急にこの過程を忘れて、アンダーヘアを無駄な毛と言ってしまう。

わたしは、アンダーヘアは無駄な毛ではなく、大切なお毛だと思っています。

もちろん、第二次性徴を迎えると容赦無く、お毛がそこらじゃう濃くなって行きます。若い頃は、このお毛たちが悩みになって行きます。

お毛を無くすのではなく、

ワックス脱毛して減毛して欲しい。

お毛職人の思いであります!

お毛には毛と繋がる毛細血管がある事で肌が若く保てる力があります!

歳を重ねると、お毛と繋がている事が大事だと気づきます。

今は人と人が中々繋がれない世の中だから、お毛だけでも繋がっていて下さいませ。

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です