matsunotane
松丸弘美のブログ「matsunotane(松の種)」にようこそ。
アンダーケア雑学、更年期のこと、エンダモロジーについて、
などなど、気ままに綴っていきます。

ブラジリアワックスの赤み。

50歳から通い始めるブラジリアンワックスサロン!アンダーヘア雑学の松丸弘美です。

初めてブラジリアワックスする方で赤みが出やすい方もいます。でもブラジリアンワックスを続けていくことで、赤みは出なくなります。

それは、毛球が小さくなるから赤みがでにくくなるのです。

個人差で赤みが出やすい方は、毛球の中にある毛乳頭と毛細血管の繋がりが太いと出やすいです。

もう一つの赤みの原因は、ワックステクニックにもあります。

初めてブラジリアワックスする方は痛くて当たり前と思っています。それは違います。一瞬の痛みでなく、続く痛みであれば、それはワックスのばかし方に問題があるからです。

正しく、50代からブラジリアワックスをして、おまたの未来を考えてみてはいかがでしょう。

お毛毛職人より

アンダーヘアは必要なの?

50歳から通い始めるブラジリアンワックスサロン!アンダーヘア雑学の松丸弘美です。

わたしは必要だと思っています。

アンダーヘア残す派でございます。私たち50代はアンダーヘアを全て無くすことに抵抗がある世代でございます。

全て取ってツルツル!若い時はそれでいいと思います。でも年齢を重ねるごとにツルツルでいいのでしょうか?

若い時のおまたにはハリがあります!

年齢を重ねるとおまたは残念ながらハリはなくなります。

若い時に永久に毛母をなくして生えなくなってしまった皮膚の上はどうなると思いますか?

お毛毛は毛細血管と繋がっています。それが届かなくなってしまった皮膚にハリはあり続けられると思いますか?

皆さんはおまたが下がっていることに気づいていない方って本当に多いのです。

もちろん、比べる対象がないからわからないのでございます。

わたしはアンダーヘアを残す派。ただ残すのではなく、アンダーヘアを整えることが大切なのです。アンダーヘアを整えると「女性として気持ちも整うのです」

話が長くなりましたが、何が言いたいのかと申しますと、

アンダーヘアがあることでたるみをカバーできるからです。アンダーヘアの黒が目に見えて、黒の残像が残るからたるみに気づかない。整えたアンダーヘアがカバーするのでございます。

お毛毛は決してムダな毛ではないのです!

本日もこだわりお毛毛職人はお仕事しまーす。

アンダーヘアに悩んでいたらご連絡ください。

そろそろ「はみ毛」が気になる頃ては、、

50歳から通い始めるブラジリアンワックスサロン!アンダーヘア雑学の松丸弘美です。

あっという間に桜が散り、緑の若葉が芽生え始めて来ました。

お毛毛も春になると、ショーツからお毛毛がはみ出る頃でございます。

この時期、毎年のように、お毛毛のはみ毛が気になりご予約が増えます。

お毛毛事態が急に増えるのではなく、冬眠から目覚めた感じで、身なりを整えたくなるのだと思います。

そして、春になるとおしゃれがしたくなったり、淡い色の洋服を選びます。

お毛毛は黒いから急に気になるのかな?

新しいコトを始める時に色んな意味で整えることはとても大事なことです。

もし、下着からはみ出ていたらお毛毛職人にお任せください。

4月はスタートするチャンスです。50歳から始めるのも悪くないです。

サロンでお待ちしています。

1 2 3 4 5 38