matsunotane
松丸弘美のブログ「matsunotane(松の種)」にようこそ。
アンダーケア雑学、更年期のこと、エンダモロジーについて、
などなど、気ままに綴っていきます。
2020.10.20

尿の問題!3つの症状

50歳からでもブラジリアンワックスはできます。アンダーケア雑学、股の名をお毛毛職人の松丸弘美です。

10月に入り、急に寒くなり風邪を引いた方も増えたのではないでしょうか?

わたしはタンスの奥から冬物を引っ張り出してきました。首元を冷やさないようにしています。

首の後ろには東洋医学で、風門というツボあり風の邪気が入ると考えられています。風邪の引き始めにゾクゾクする感じです。風門は風邪の出入り口なので、風邪を引きそうだと思ったら、この風門あたりにカイロを貼ったり、温めたタオルを当てたり、マフラーをグルグル巻きにして体が温めて風邪予防しています。

それでは本題の、

最近、尿の勢いが弱いように感じでいます。尿をする時に少しお腹に力を入れている感じです。そろそろ尿漏れするのかしらと心配です。間違いなく骨盤底筋の運動不足でございます。

①尿を出すことに問題がある場合【排尿症状】「尿が出にくい」「尿の勢いが良い」

②尿を溜めることに問題がある場合【蓄尿症状】「尿が近い」「尿漏れ」「何度も夜にトイレに行く」

③尿を出した後に問題がある場合【排尿後症状】「膀胱に尿が残った感」「下着をあげてからも尿が漏れる」

3つの症状は1つだけではなく複合されて行きます。嫌ですね〜

マフラーグルグル巻きにして風門閉めて、複合しないよに肛門様締めて、四股を踏み踏む骨盤底筋を鍛えてます!

今日も人生で一番若い日です。

寒さに負けずに、元気にいってらっしゃい!

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。